鈑金・塗装について

鈑金塗装で創業した会社です

鈑金塗装で創業した会社です

当社は鈑金塗装が会社としてのスタートで、そこに関しては特に自信をもっています。 高い技術はもちろんですが、ディーラーでは難しいお客様の立場にたった柔軟な対応ができるのが特徴です。 例えば「ちょっとくらい見た目はいいから、とにかく安く済ませて欲しい」というお客様にはそれに見合った修理で。 「新車並みに」というご要望には、精度を思いっきり上げた修理を施してお届けします。 当社では、車の根幹・安全性能に関わらない限りは、極力お客様のご要望に沿うような修理を行っています。

私どもの工場は損保各社の指定工場になっています。また、国交省の優良自動車整備事業者認定第1種工場にも認定されています。

フレーム修理機(CUBIC SYSTEM)

フレーム修理機

クルマは車種ごとにボディ各所のサイズ・フレームの長さが決まっています。 フレーム修正機では、それらもともとの寸法になるよう、フレームを修正します。 「伸ばしたり、押したり、引いたり」これも板金の仕事の一部です。 当社のフレーム修正機はキュービックシステムといって、床一面が修正機になっています。 床にクルマを固定して、油圧ポンプを使ってフレームの修正を行うのです。 大変な仕事ではありますが、事故などでダメージを負ってしまったクルマには有効です。

ドイツの塗料(sickens)

ドイツの塗料(sickens)

当社で使っている塗料は、環境に優しい塗料です。 ドイツのSickens社製のもので、BMWやベンツなどにも使われている塗料で環境基準の厳しいヨーロッパで認められているものです。 これをすべての塗装に使っています。仕上がりも塗膜が硬くてツヤがあるので、お客様からも好評です。

コンピューターを使った調色マッチングも行えます。 これは塗膜を写真に撮るだけで塗料の配合を分析するスグレモノで、職人の目に頼らなくても塗料の調合が可能になります。 もちろん塗装ブースはしっかり隔離されており、周辺環境への配慮も怠りません。